苦しむ母を見るたびに痛んだ心

結婚後のモラハラ・DV対応

この記事は結婚7年目になる私の妻のママ友(38歳)が、「旦那のモラハラとDVに離婚すればいいのか迷っている」という相談を受けたのがきっかけで書いた記事です。

 

(私の周りはモラ夫やDV男が多い)

 

現在、男の子(7歳)と女の子(5歳)、2人の子供がいるこのママ友には、モラハラ男を結婚前に見抜く方法【POINTは4つ】と同様に今すぐできる対策方法をまとめました。

結婚後

【アナタの母親は大丈夫?】モラハラ被害者に現れる症状

モラルハラスメントの被害者の母を持つアナタへ。私の母も加害者の父親に知らない間に心まで支配され本当に苦しんでいます。何を言っても攻められる「ダブルインバインド(二重拘束)」や、「自分より夫を尊重する」などモラハラ被害者に多く見られる症状もこの記事を見ればすぐに分かります。
結婚後

【ダサすぎ】モラハラ加害者であるアナタの父親の特徴

モラルハラスメント加害者である父親は自尊心が高すぎるのが特徴。これにより妻(アナタのお母さん)は高い理想を押し付けられ疲弊しますが、加害者は「アナタのお母さんがいなければ自分を保てないから攻撃するのです」。それを少し理解するだけで気持ちに余裕が出来ます。
結婚後

皿を投げて怒る父の対処方法と言ってはダメな言葉

私の父親は母を殴る「身体的DV」以外に物を投げつけて脅かす「精神的DV」の持ち主です。言葉の暴力もそうですが、物を投げられた被害者は心に大きなダメージを負います。父親は非常にやっかいなDV気質の人間ですが、対処方法はありますので同じ悩みを抱えているアナタは是非実践してみてください。
結婚後

【逆ギレ対策】モラルハラスメントの対処方法を母に教えた話

これはモラハラ父親の対処方法は「言い返すより放っておくのが有効」だと書いた記事です。父のモラハラ発言に我慢できず、言い返してしまった母。しかし、私はそれが原因で暴力行為が更に悪化するのを目の前で何度も見ました。結婚してから夫婦でいる期間が長くなるとモラルハラスメント加害者は「被害者をストレス解消のはけ口」として扱い反論されると逆ギレします。
結婚後

年上でも加害者は弱い人間。だからやり返すのが効果的

モラルハラスメントとDVの被害者となってしまった33歳子持ちのママ友に向けたアドバイスを書いた記事です。このページでは結婚7年目で『暴言や無視、心無い言葉など』年上の旦那からモラハラを受けるママ友へ複数のモラハラを対策方法と離婚を考えてる場合の相談サイトをまとめました。一番効果的なのは言い返すことですが、他の対策方法も書いています。どれもすぐに行動できる対応策です。私の母が経験したことも交えて紹介します。