苦しむ母を見るたびに痛んだ心

「岡山県民は自己中心的」は事実?元千葉県民が語ります

岡山県で生活するまで気付きませんでしたが、岡山県民って他県の人から「性格が悪い」「ケチが多い」など色々と言われています。

 

多くの人がこのように岡山県民の悪口を言っているのには理由があるわけですが、本当に岡山県民は世間で囁かれるような「悪い人」が多いのでしょうか?

 

これは2009年から岡山県に移住した元千葉県民の私が、感じた事をそのまま伝える記事です。

 

転勤や引越しなどで、岡山への移住を検討中の千葉県民の方は是非ご覧ください。

岡山県民は協調性に欠ける。これ本当。

岡山県人は協調性が無い

一番感じた事は協調性の無さです。

協調性(きょうちょうせい)とは異なった環境や立場に存する複数の者が互いに助け合ったり譲り合ったりしながら同じ目標に向かって任務を遂行する素質。

協調性(wikipediaより引用)

「オレは他人がどうなろうが自分に被害が無ければそれでええんじゃ

 

これは岡山で初めて就職した会社の男性上司の言葉。

 

「え!?何を言ってるんだこの人は」

 

聞いたときは自分の耳を疑いました。

 

岡山に来てはじめて就職したのはネット回線の図面作成業務をメインとする会社。

 

社員数15名程で、社員全員が岡山出身の人間でした。

 

まずは仕事で学んだ岡山県人の県民性についてです。

岡山県民は「他人のことはどうでもいい」と考えている

岡山県民は他人に無関心

定時になると「お先に失礼します・・・」

 

自分の仕事を終えた社員は、他の社員が忙しそうにしていても手伝いをせずに帰宅する社員たち。

 

「なんだこの会社は!?残務がある人の手伝いをせずに帰るのか?」

 

本当にビックリしました。しかも上司は引き止めもしません。

 

私が勤めた会社の朝8:30から17:30までで、一般企業と変わらない勤務時間です。

 

しかし、引越しシーズンなどの繁忙期は、毎日21時~22時までの残業が当たり前。

 

当然みんなで助け合って仕事を終わらせるのが普通ですが、この会社には助け合いの精神がまったくありませんでした。

 

「自分さえよければそれでいい。他人に興味は無い」これが岡山県人の県民性。

 

 

千葉にいるときに勤めていた会社は、帰宅前に一声かけて残務が残っている社員の手伝いをしていたので、自己中心的で協調性の無い人ばかりの会社に驚きました。

岡山県人はコミュニケーションを取るのが苦手

岡山県民はコミュニケーションが苦手

続いても仕事の話です。

 

もう一つ驚いたのは社員が全くコミュニケーションをとらない事

 

以前の会社は社員全員で昼休みに外食したり、飲み会をしたりとアットホームな雰囲気が魅力的でした。

 

しかし、岡山で最初に勤めた会社は昼休みでも、全員無言でお弁当を食べていたのです。

 

想像してみてください。

 

アナタは昼休みに机にお弁当を広げて食べています。前後左右の先輩たちは休憩中だというのに全員無言・・・。

 

聞こえてくるのはパソコンのファンの音だけです。

 

当時私は入社間もない新人だったので、早く先輩と仲良くなりたい一心でコミュニケーションを取ろうと努力したのに、楽しい話をしても「あっそう」「へぇ」などそっけない返事しか返ってこない空間・・・。

 

「昨日、面白いドラマを見たんだけどさ」「新しく出来たお店に行かない?」「仕事でこんな事があってさ」

 

など気を使って話しかけてもリアクション無しですよ?

 

目も合わせてくれないんですよ?

 

こんな普通の会話ができない事に息が詰まりませんか?

 

私は誰に話しかけても会話が続かないので、会社に来るのが苦痛で苦痛で仕方なかったです。

 

その結果、次第に誰とも話さなくなり、昼休みは机に突っ伏して寝る事が多くなっていきました。

岡山県人は冷たい。プライドが高い

プライドが高い人が多い岡山県

住んでみた感想は、「岡山県人の性格は冷たくてプライドが高い」と感じました。

 

今回紹介した会社はインストラクター時代のCAD経験を活かすため入社した私。

 

しかし、「オレは他人がどうなろうが自分に被害が無ければそれでええんじゃ」といった上司は私に仕事を教えてくれませんでした。

 

「CAD経験がある私に、仕事を教えたらいつか抜かれてしまう」と思ったのかもしれません。

 

自分の知識を提供し追い越されるのは、上司のプライドが許さない。

 

そんな態度が常に現れていました。

 

上司が教えてくれないので先輩方に聞きましたが、

 

「うーん。今時分の仕事で忙しいから。」、「自分で考えろ」など冷たい態度を取られる日ばかりが続きました・・・。

岡山を出ると岡山県人が嫌いになると気付いた

岡山県民を嫌う岡山県人もいる

「なぜ岡山の人はこんなに冷たいんだろう。」

 

「オレはみんなで楽しく仕事をしたいんだ」

 

会社の人とうまくやっていきたい私は妻に悩みを打ち明けました。

 

すると、こんな答えが返ってきたんです。

 

「私も物心付いた時から岡山が嫌いだった」

 

「じゃーっていう岡山弁も嫌だったから全然使わない。」

 

「冷たい人が多いと思うし、岡山から東京に出て戻ってくるとそれをより感じるようになった。」

 

また、別部署ながら同じ会社で唯一仲良くなれた人で、大阪暮らしの経験がある先輩にも相談すると・・・。

 

「岡山県人は本当に冷たい。オレが身内の不幸で忌引きしようと上司に相談しても、仕事は休ませない」

 

「同じ仕事をしていても、周りは一切関知せず、自分ばかりを優先する。だからオレは岡山が嫌いだ

 

妻と先輩の言葉を聞いて、

 

一度岡山から出た人間だから、岡山県人を客観的に見られるんだ

 

それが良く分かりました。

 

これから岡山県での生活を検討中のアナタは、「岡山県人がどういう性格なのか」事前に情報収集をして、後悔しないようにしてください。

mamoritai

【私について】
私はしっかり者の妻と9歳と7歳の男の子を持つ39歳の父親で、
今は家族に恵まれ幸せな毎日を送っています。

しかし、そんな私は幼いころから父親が母親にDVをする姿を見て
毎日怯えて泣きながら育ちました。

また、父はモラハラ体質で、
現在も母に心無い言葉や罵声を浴びせ続けています。

そんな家庭環境で育ったせいか、
自分に自信が無く、常に周りからどう思われているか?
などを気にする性格になってしまいました。

また、自分もモラルハラスメントをしているという自覚もあります。

これはそんな私が幼いころから見てきた
DVやモラハラの話を書いたブログです。

生年月日  1979年9月
出身地   埼玉県
性格    マイナス思考
趣味    ドライブ
得意なこと ものまね
学歴    高卒
仕事    会社員

【家族構成】
兄弟   弟と妹の3人兄弟
父親   モラハラとDVをするクズ
母親   被害者

よろしくお願いします。

mamoritaiをフォローする
移住
mamoritaiをフォローする
モラハラ・DV親父を持つネガティブ息子(39歳)

コメント