苦しむ母を見るたびに痛んだ心

真面目すぎて仕事の失敗を責める自分の解決方法

39年間生きてきた私は「真面目」と言われ続けてきました。

 

  • 仕事は無遅刻・無欠席
  • 頼まれた仕事に文句をつけないYESマン
  • 会社でトラブルは発生させたくない

 

など当たり前のことですができない人も多く、上司や同僚が評価してくれるので「これは自分の長所だ」と思ってきました。

 

目の前で父親のDVを見て生きてきた私は自分に自信を持つことができませんでしたが、他人から真面目と認められ褒められたことで生き甲斐になったのです。

 

私の性格はこちら

面前DVが与える子供への影響。長男は「勝手に決め付ける人間に」
父親のDVが子供に与える影響がどれほどのものか?私(長男)の性格と特徴を書き出しました。ドメスティックバイオレンスという言葉を知らないあなたも、キレやすい、他人を見下し罵倒するなど、記事内に書かれた15の項目に当てはまれば、今後DVの加害者となる可能性が高いです。

 

嬉しいことに他人に認められた私ですが「真面目な自分がバカらしくて嫌い」と考えるようになりました。

 

その理由は・・・。

真面目すぎて失敗する自分を責める。

真面目が仇となる自分

私は仕事で失敗するのが嫌いです。

 

失敗は成功の元という言葉も知っています。

 

しかし、工場勤務の時は機械操作を失敗して不良を出したくない。

 

インストラクター時代は大人数の前でのプレゼンはもちろん、少人数の会議の場であっても恥をかきたくないと思っていました。

 

また貶される言葉に極端に敏感です。

 

「こんなことも理解できないのか?めちゃくちゃ簡単なのに」

「お前はバカだな~」

 

といわれると例え冗談でも真剣に捕らえ、自分は無能な人間なんだと悩んでしまいます。

 

その度に「冗談だよ。お前は空気が読めんだから」と言われましたが、冗談と本気の境界が分からず余計自分を追い込むことに・・・。

 

これらは一歩間違うと

 

  • 冗談が通じない(ユーモアがない)
  • 話をしても面白くない
  • すぐに怒るヤツと勘違いされる
  • 不器用なヤツだ

 

と捉えられることも多く、そう思うだけで「オレはダメな人間なんだ・・・」とヘコみ何度も立ち直れなくなります。

完璧主義にこだわり疲弊する

完璧にこなさないと気がすまない

そんなことを何度も経験するうちに、「もう立ち直れなくなるのはイヤだ」と脳が勝手に命令を出し、常に「完璧でいなければダメだ」と考えるようになります。

 

その結果・・・

 

  • 同僚よりたくさんの仕事をこなしたい
  • 上司に怒られないように仕事をしたい
  • 後輩に慕われる先輩になりたい
  • 自分が凄い人間だと思われたい

 

などミスをするのは絶対にダメ優れている人間にならないと否定されると思い込み自分自身を追い込みます。

 

初めての仕事は誰もがミスをして当たり前ですが、私はそれすらも許せないほど完璧にこだわる。

失敗 → 少し成功 → 修正 → 完璧

のプロセスを思い描けない。

本当は常識の範囲で適度に嘘をついたり、規律やルールに柔軟に対応できる力を身につけて、無駄な真面目さを克服したいですが心がブレーキをかけます。

 

そして考えれば考えるほどうまく出来ない自分に疲弊する悪循環に・・・。

 

真面目はとにかく生きにくいんです。

 

しかし、こうやって改めて書き出すと『真面目 = 悪』のイメージですが、実際にはそんな事ありません。良い事だってたくさんあります。

真面目は良い事で誠実なイメージを持たれる

誠実で親切なイメージを持たれる真面目人間

真面目な自分が嫌いですが「誠実なイメージ」をもたれるので仕事では役に立つことも多いです。

 

  • 頼まれたことを一生懸命こなす
  • こつこつ努力する
  • 嘘をつけない

 

特に努力は私の得意技で、仕事のスキルを身につけるために明け方まで勉強する毎日を送った結果、技術も上がり上司に褒められました。

 

また、この人なら絶対に仕事をしてくれるという信頼関係は築きやすいです。

 

もちろん相手の信頼を維持するのに自分を追い込むこともあり、大変なのは変わりないですがね・・・。

 

すると今度はストレスが溜まります。

真面目の欠点はストレスを溜めやすい事

途中でやめることができず完璧を目指す

上司やお客さんの期待にこたえるあまり、ストレスを溜めるのが真面目な私の欠点。

 

  • お客さんを怒らせないために納品物は細部まで徹底的にこだわる。
  • 途中で止めたらダメ。完璧な仕事をする。
  • お客さんとの無用な争いや衝突は避ける。
  • 会社の看板を背負って仕事をしているのでミスは絶対にダメ。
  • 期待にこたえなきゃいけない。

 

自分の事は後回しにして「相手から悪く見られたくない」「他人に迷惑をかけたくない」ということを優先する。

 

つまり誰かに迷惑をかける事(負い目)が恐怖なのです。

仕事量が増えても他人に振れない

自分が苦労する方がよいと決め付けて仕事を振れない

「みんなが楽になるから」「自分がやれば評価してもらえる」「いいところを見せて認めてもらいたい」

 

そんな事ばかり考えていた私は、

 

  • パンフレット作成
  • 書類の発注管理
  • 顧客情報の入力
  • 外部交渉

 

部署の仕事を殆ど引き受け、気が付けば自分のキャパ(容量)をオーバーしてたくさんの仕事を抱えていました。

 

仕事を引き受けても要領が悪い私は効率よくこなすことが出来ません。

 

すると限界を超え作業量が増えていきあっという間にパンクする悪循環・・・。

 

それでも「自分がやるしかない」「期待にこたえなきゃ」と勝手に決めつけて無理をし、どうしようもないほどのお手上げ状態に陥ります。

 

私はいつも相手は自分をこう思っていると勝手に決め付けます。

ズル賢い先輩上司は他人の手柄を横取りして自分は損する

自分の手柄を優先して他人をこけ落とす上司

○○くん。悪いんだけど例のお客さんとの交渉お願いできる?

 

本当はオレが出たいんだけど、別件が入っててさ。

 

オレが出るより専門分野の○○くんが交渉した方が絶対うまくいくから。

分かりました。

 

××さんはいつも忙しくて大変ですね。

 

仕事は残っていますが、

 

こちらで何とかしますので心配しないでください。

 

 

よく頼みごとをするこの上司は、社内での評判こそ悪いものの、人当たりが良かったので私は二つ返事で仕事を引き受けました。

 

しかし後日聞いた話ですが・・・

 

○○くん。知ってる?

 

××さんこの間、別件が入ってるって言ってたけど

 

酷いんだよ。

 

取れない仕事だと分かってたから○○クンにやらせて

 

あの人は取れる仕事を取りにいっただけ。

 

自分の営業成績を上げることしか考えていない人だから、

 

頼まれても拒否した方がいいよ。

 

 

そうなんですか!?

 

自分の手柄のためにボクを利用したんですか?

 

許せないです。

 

先輩上司の言葉を鵜呑みにしたばかりに無駄な交渉をさせられた私。

 

先輩上司が営業成績を上げたいがために利用され、信じたばかりに自分の仕事は溜まる一方。

 

この上司は社員旅行の時も「部屋でゲームをやりたいから本体を持ってきてくれ」と私に話を持ちかけたのですが、旅行当日に欠席したのです。

 

重いゲーム機をかばんに詰めたままの移動は大変でしたが、理由があって欠席したのだろうと考えたバカ真面目な私。

 

世の中は真面目な人間ほど損をすると身をもって知りました。

 

でもこんな酷い上司ばかりではありません。

 

良い上司もいました。

良い上司に「迷惑は掛からない。仕事を振れば相手も成長できる」とアドバイスされた

仕事は溜めずに振ることを教えてくれた上司

仕事が多すぎて自分を制御できなくなっていたある日。私を見かねこんなアドバイスをしてくれた上司。

 

大丈夫か?疲れてるみたいだぞ

もういっぱいいっぱいです

それだけ仕事を抱えていればそうなっても仕方ないな。

 

でもどうして他の人間に引き継がなかったんだ?

自分がやった方がいいと思って・・・。

 

自分がやれば皆が楽できますから。

 

その方がいいんです。

そうか。その気持ちはありがたい。

 

でもな君自身が潰れたら意味がないんだぞ。

それも分かっています・・・

それにさ、誰かに仕事を振れば君も新しい仕事をもらえる。

 

そして振った相手も仕事をもらえたことに喜びを感じられる。

 

つまりお互い成長できるって事だ。

 

仕事っていうのはたくさんこなすことより、

 

出来るようになったら誰かに振って

 

みんなで成長していく事が重要なんだ。

 

君だって新しい仕事をやってみたいだろ?

 

 

なるほど。

 

そういうことですか。

 

自分も相手も成長できることが大切なんですね。

 

ありがとうございます!

 

「相手も成長できる」この言葉を聞いた瞬間、気持ちが楽になりそれまで大量に抱えていた仕事を後輩に振ることができました。

 

振られた後輩も嬉しそうに仕事をこなし、分からないところは相談しあうなどお互いコミュニケーションにも繋がり本当に良かったと思います。

真面目じゃないと相手に迷惑?「それはアナタが思い込んでるだけ」

他人に迷惑がかかると勝手に決めるのが真面目人間

私(あなたも)は「自分がしっかりしないと相手に迷惑がかかる」と考えています。

 

でもこれって誰に言われたのでしょうか?

 

上司?同僚?部下?両親?兄弟?友人?・・・。

 

そうです。迷惑が掛かるなんていわれていないんです。誰にも。

 

つまり迷惑と考えるのは自分自身が作り出した妄想に過ぎません。

 

  • 自分が仕事をやらないと迷惑がかかる。
  • ルールだから完璧にやり遂げなければいけない。
  • 頼まれたから断れない。

 

でもよーく考えてください。

 

そうです。実はこれって自分で勝手に決め付けて思い込んでいるだけなんです。

 

上司や同僚はあなたや私にそのようなことを望んではいません。

 

言い方を変えると「上司や同僚は仕事が出来ないので自分がしっかりしなければいけない」と相手を見下した行動とも考えられます。

 

  • 本当に私(あなた)がやらなければいけないのか?
  • 私(あなた)がやらなければ誰かに迷惑や負担になるのか?

 

仮に私やあなたが引き受けたとしても、パンク寸前の仕事量で捌くことは不可能。

つまりどちらにせよ迷惑がかかります。

 

だから引き受けずに自分の仕事をこなすという選択肢がベストなのです。

「他人からの評価より自分の限界を知れ!だが自己否定はするな」と上司に言われた

体が持たなくなる前に自分の限界を知ることが大切

  • 自分は期待されている
  • 自分はできなければいけない
  • できるはずだと思われている
  • 自分が引き受けた方が早く終わる

 

つまり、自分ではなく他人からどう思われるか気になって仕方がないから、真面目になってしまう訳です。

 

「社内で期待されたい」「頼ってもらいたい」「オレは何でも出来る」と思われたいと願うのは素晴らしいことですし、私もそう願って仕事をしてきました。

 

しかし「誰かに思われたい」と「自分で思う」では全然意味が違います。

 

前者は他人からの評価を気にする様なのに対し、後者は自分の意見にすぎません。

 

私はこの違いを理解することが出来ませんでした。

 

そんな時上司に・・・

 

他人の評価なんて気にするな。

 

自分を信じて仕事をしてれば、

 

いずれ評価される日が来る。

 

今は限界点が低くても、自己否定するなよ!絶対に!

 

自分はできると前に進めば限界は突破できる。

 

失敗したら終わりじゃない。

 

どうして失敗したか考えて次に活かせばいいんだ。

 

でも人の失敗を喜んだりバカにしたらだめだぞ!

 

その瞬間に君の周りは敵しかいなくなる。

 

絶対に忘れるな。

 

 

こう言われました。

 

今まで自分の限界(容量)なんて考えもせずに、ひたすら仕事をして潰れて「オレは何も出来ない」と自己否定を繰り返した私。

失敗は成功のもと。ミスをしたら反省して次に活かせ

失敗を恐れず原因を探り次に生かすことが重要

書類の発注を何度もミスりその度に怒られ「自分は何をやってもダメだ。今もこれからもあの人より劣ったままだ・・・」

 

と自己否定するのが日課でした。

 

しかし、頼まれたことはメモに取って毎日確認するように工夫したら、メモを見なくても発注を習慣化することが出来たのです。

 

それからは「オレもやればできるじゃん!」と自分自身の成長を実感。

 

失敗は成功のもと。ミスしても、反省して改善を繰り返すと成功に繋がるという体験をした訳です。

 

このように「どうして失敗したのか?」「どうすればうまく出来るか」をしっかり考えれば次へのステップアップに繋がります。

 

ダメだと腐っていても状況は改善されないのです。

 

ダメでもともと。プラス思考で失敗を恐れずに前進あるのみ!

 

因みにこの上司は初出社の日、ズボンのベルトをしないのはマナー違反と知らずにこっぴどく叱られたと自慢げに語ってくれました。

 

この話を聞いた時に思ったのです。

 

「この人だって失敗を繰り返して、考えて克服してきたから凄い人になれたんだ。完璧な人間なんているはずがない。オレももっと楽に生きようと・・・。」

真面目がバカらしい時は休暇や休み時間を取り入れよう

真面目な人は失敗しても良い。楽に生きよう

この記事を書いたのは2018年8月26日(日)です。

 

今まで私は「会社に迷惑がかかる」という理由で休みを取りませんでしたが、真面目に仕事をしても良い事ばかりではないと気付きました。

 

だから明日は有給休暇を取って休みます。せっかくだからあなたも一緒に有給を取りませんか?

 

1日くらい仕事が遅れても大丈夫。あなたも私も一生懸命仕事をしているんですから、電話で引継ぎをすれば誰かが引き受けてくれます。

 

これくらいの気持ちじゃなきゃ仕事はできません。

 

私は有給休暇を使うことに罪悪感がありましたが、会社員は有給を使う権利がありますから遠慮することはないです。

 

一日羽を伸ばしてストレスを発散させましょう。

有給が取れない時は休憩時間にリフレッシュ

真面目すぎてストレスを溜めない様に休みを取ってリフレッシュ

どうしても有給が取れないあなたは「いつもより長い休憩時間」を取りましょう。

 

5分でも大丈夫です。余分に設けた時間に仲間と会話したり、コーヒーを飲んでリフレッシュするといいですよ。

 

人間の集中力は何時間も持続するわけではありません。徹夜仕事が効率的ではないのと同様に、途中でリフレッシュしないと作業効率が落ちるばかりでいいことはないです。

 

私は1時間に5分しか休憩を取りませんでしたが10分に変更しました。

 

更に先輩や上司が休憩する時間を見計らって取るようにしたのです。

 

すると休憩時間に雑談が出来るし、仕事の悩みも打ち明けられるので、ストレス発散にもなりました。

 

もちろん、一人でゆっくり休憩したい時もあるので、うまく使い分けています。

 

外部セミナーに参加したときは、早めに切り上げ駅前の喫茶店で1時間ほどお茶した事もあります。

 

完全なサボりですがもう時効なので大丈夫。

 

予断ですが小学校、中学校、高校の授業時間は40分~50分。大学は90分と決まってますが、なぜだかご存知ですか?。

小学校低学年くらいまでの子供は15分が集中力を維持できる限界だといいます。子供向けのアニメなどが1話10分程で作られているのも、こういった理由からだそうです。

そして成長とともに集中できる時間も30分、45分と伸びていきます。大学生にもなると授業時間は90分になり、これが集中力の持続時間の限界と言われています。

人間の集中力の持続時間(平均や限界)より引用

つまり人間は集中力の持続時間に限界があるため、休憩を取った方があらゆる面で有利と言うことなのです。

真面目なあなたは自己否定感をなくして楽に生きよう

自己否定感をなくし自分を信じて進むことが大切

長々と書きましたが

  • 自己否定しない
  • 何度でも失敗すること
  • 失敗したら反省して次に活かす
  • 完璧を求めない(完璧なんて言葉はない)
  • 自分の限界を知って楽になる
  • 他人と自分は違って当たり前
  • 相手はあなたに大きな期待を持っているわけではない
  • 適度に休む

 

これだけを頭に入れれば大丈夫。

 

私と同じく真面目なあなたは自分を否定せずに、己の限界を知って楽な気持ちで仕事をしましょう。

 

自分を責めて得られるものはありません。そんな暇があれば自分のことを理解する時間に当ててください。

 

失敗してもいいんです。失敗しないと人間は学ぶことができません。

 

途中で足を休めながら自分を信じて一緒に前に進みましょう。

mamoritai

【私について】
私はしっかり者の妻と9歳と7歳の男の子を持つ39歳の父親で、
今は家族に恵まれ幸せな毎日を送っています。

しかし、そんな私は幼いころから父親が母親にDVをする姿を見て
毎日怯えて泣きながら育ちました。

また、父はモラハラ体質で、
現在も母に心無い言葉や罵声を浴びせ続けています。

そんな家庭環境で育ったせいか、
自分に自信が無く、常に周りからどう思われているか?
などを気にする性格になってしまいました。

また、自分もモラルハラスメントをしているという自覚もあります。

これはそんな私が幼いころから見てきた
DVやモラハラの話を書いたブログです。

生年月日  1979年9月
出身地   埼玉県
性格    マイナス思考
趣味    ドライブ
得意なこと ものまね
学歴    高卒
仕事    会社員

【家族構成】
兄弟   弟と妹の3人兄弟
父親   モラハラとDVをするクズ
母親   被害者

よろしくお願いします。

mamoritaiをフォローする
DVの家庭環境におかれた性格
mamoritaiをフォローする
モラハラ・DV親父を持つネガティブ息子(39歳)

コメント